002

私が資格試験やテスト勉強で苦労したことは数学なら公式を暗記すること、日本史なら年代や人物について暗記することに苦労しました。

その苦労を乗り越える為にテスト前は必ず徹夜で勉強するほど苦労をしました。

ではどの様に勉強していたのか私が実際に行っていた体験談を書いていきます。

先ずは友達と問題をお互いに出し合う勉強方法を取っていました。それでもなかなか暗記することが出来ず次はノートにひたすら写して覚える作業に出ました。

しかしそれでも暗記することはむずかしく色々な暗記方を試しましたが、どれも上手くいかず相当苦労しテストの点数も非常に悪かったです。

これが中学、高校時代に苦労した体験談です。しかし大学に入り、販売士の資格の講座を受けたことで私の暗記方法は変わりました。

販売士検定も結局は暗記することが多く中学、高校時代の暗記方法で販売士検定の模擬テストに望んでいました。

その勉強方法で望んでいたので勿論模擬テストの点数も悪かったです。

同じ講座を受けている友人は点数が良かったのでどうやって勉強をしてるのかを聞きました。

そうすると大事だと思う部分に線を引いているいるということを教えてくれました。

次の日からは私もその勉強方法を試したのですが、結果は上手くいかず、あまりにも成績が悪く覚えが悪いので、販売士の講座の先生が気を使って親切にアドバイスをして下さいました。

どの様に勉強し暗記しているのかを聞かれ私は中学、高校時代にやっていた暗記方法、友達に教わった暗記方法をしていると伝えました。

そうすると講師の先生がそれも間違っていないけど、講師の先生がやっている暗記方法を教えて上げると教えて下さいました。

その方法は教科書を全ページ3周、声に出して読むことで覚えらると教えてくれました。

それを試した結果初めの方は模擬テストの点数も上がりませんでしたが、少しずつ暗記出来るようになり点数が上がりました。

これが私がテスト勉強、資格試験でとても苦労した体験談です。

テスト前にはスマートドラッグがおすすめ