006

亭主って中部地方に周遊に行った中、ミッドナイトも遅くなったので、このまま帰るのも悔しいなと思い、亭主を誘ってとあるラブホテルへ。

具合は意外と晴晴でもなく、どちらかというと勤務旅館という感じで、一泊7000円状況でした。

それで「およそ、一夜中泊まれて、やることやれたらいっか」という感覚で入ったのですが、中に入ってまるで感嘆のがいやに大きなベッド!およそキングサイズという人間なのか、二人で寝転がっても極めて余裕でゴロゴロできました。

院内も大きく、そういった大きなベッドがあるもののかなりの余りがありました。

TVは50インチくらいの大ウィンドウ、お風呂もかなり大きく、二人で入っても依然上両人ぐらい入れそうな通常のバス部屋+まさかの露天風呂もついていました。

ウェルカムドリンクは前に受注でしたがスピリッツ5元ソフトドリンク5元お替り権利で、夜食という朝食も恩典と、普通の旅館よりも恩典がよかったんじゃないかとおもうぐらいでした。

そうして大人のおもちゃ的グッズも援助で置いてあり、その時点で、ボルテージは絶好調にまで上がってしまい、ではスピリッツで乾杯、食べ物をちゃんととった後に本当に一斉。

そこからは疲れていることも忘れて続けて何度もやっちゃいました。

やっぱり大きく、提供ムードが半端ないので、ベッドの上では端から端まで何かと身構えを変えたり色んなものを使ったりして興奮、それだけでなく、バス、フロア、客席の上など、いろんな場所で盛り上がってやっちゃいました。

どこでどんなことをしても全然手狭ムードがなく、もっぱら堪能できたと思います。

アフターピルを持ってきていたので楽しく遊ぶことができて最高でした!

アフターピルを通販するならこちら!

もちろん決め手カードを吐出し、中部地方周遊の時は勿論、どっかからの帰る途中にもわざと行ったり始めるくらいになりました。