50

私が行っているダイエット法は、「真昼不要ダイエット法」だ。

この方法は、散歩などの動きも行ないながら、モーニングってミールはきちんと食べて、「真昼めしを引っこ抜く」というダイエット法だ。

朝方とミールをちゃんと採り入れるという理由は、朝方は「一年中の出番でたくさんの栄養分を取って元気に変えないといけないという考えから、ミールは、『疲労回復』の為に大勢栄養分を取っておいて睡眠時に復調させようという思いから思いつきました。」

この方法を始めたトリガーは、少し内面だけでは不安だったので、インターネットで経歴の事を知れべていたら、「江戸時代は昼ご飯を採り入れる食事ではなかった。」という事を知ってから始めました。

初めは「真昼めしを引き抜く」についてに慣れませんでしたが、1ウィークほど経つと「真昼めしを抜く」についてにカラダが慣れてきました。

「真昼めしも追い抜く」という事もしながら、フィットネスクラブにも通っていたので、プールでエアロバイクなどの「有酸素運動」といったウエイトマシーンによる「筋肉調教(筋トレ)」もしました。

すると1か月1Kg(キログラム)のペースで体重が落ちていきました。(減っていきました)苦しかったのは、初期で「真昼めしを引き抜く」についてに慣れていなかったので、この時期だけきつかっただ。

ただし、この時期を越えるって「カラダが慣れてきた」せいなのか、昼間ごろになっても腹部が空かなくなりました。

こういう「真昼めしを追い抜く」技術を始めたのが、脂肪が溜まりやすい冬の時分(鳥獣と同じで寒さをしのぐためにカラダが護衛手答えの能率【鳥獣は頭髪が多く伸びるように顧客は脂肪が増えて寒さを凌ぐ(凌ぐ)】)
こういう経験があるので、先日も「真昼めしを追い抜く」ダイエットを始めましたが、今回は、以前とライフスタイルが変わった結果(事業に結果、フィットネスクラブに伺えなくなった)動きを意識せずに行う事が無くなるライフスタイルになりました。

こんなライフスタイルなので、「真昼めしを抜く」ダイエットを実行中ですが、約1か月たった今、ウエイトの上下があまりありません。

しかも、今日、始めたのが夏場の時分で暑いので、冬場と比べて体重が減りやすい(理由は先述べたまま)と思ったのですが・・・随分静まりません。

このように考えると、「ダイエットは基本的に動きが大事なのだなぁ。」といった私を持って感じました。

「ガイドやインターネットであるはなしはウソではない」という事が私を持って分かりました。

オルリファストで痩せた人の口コミまとめ!